Img_4dad46d2c3dd103fa1f0514f8126490a
Img_d081e4e48c00136ff80b3929a3fef4b6
Img_f61f765ca35b8f060d243f08a694e50c
テキスタイルデザインはいろんな技法により特徴とタイプがあります。

型染めは、多くの工程を必要とする日本の伝統染色技法ですが

一般的に「手ぬぐい」は注染という技法で染められているのが殆どで、

職人さんのいる染工場で行われています。生地の裏表は区別がありません。

私自身は、、主に、型染めの抜染法、捺染法、プリントに近いステンシル

を用いておりますので、裏表があります。

デザインから型彫り、染め、縫製全て手掛けています。

この他にも、藍染めや、草木染など、いろんな染め方にも挑戦したりしています。

また、ロウケツ染めなど、手描きで染めたりも・・・

いろんな染め方で表現方法が違ってくるので、私自身、とても興味深い分野になりました。